« 2015年11月 | トップページ

2015年12月

2015.12.02

2015.11 オーストラリア薔薇の旅 タイトル一覧

2015.11オーストラリア薔薇の旅 タイトル 一覧

以下をクリックすると、タイトル記事をお読みいただけます。

[ 旅立ち ]

[ GOLD COAST ]

[ BRISBANE ]

[ MELBOURNE ]

[ PERTH, WESTERN AUSTRALIA ]

[ ADELAIDE ]

[ MELBOURNE ]

[ 帰宅 ]

1449022424793.jpg

1449022426780.jpg

(パース植物園のワイルドフラワー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.01

アデレード カリック・ヒルとシーダーズ

11月19日 追記

アデレードで行動開始した19日は、前夜スーツケースが行方不明になり、カメラやスマホの充電も出来ず、てんやわんやの一日。

おまけにアデレードは山火事の危険もあるというほどの気温36℃の真夏日。北国仕様の私達には試練満載の初日でした。

この日訪問した庭園の記事も書けていませんでしたので、ここに追記します。

まずは、カリック・ヒル、、。

1448970325820.jpg


Carrick Hill

46 Carrick Hill Dr, Springfield SA

1448970327667.jpg


もともとは富裕な若夫婦の結婚のプレゼントとして、花嫁の父からプレゼントされたカリック・ヒル。イギリスのマナーハウスをお手本として1939年に完成しました。

1448970329469.jpg


庭も、その花嫁である邸宅の女主人レディ・アーシュラ・ヘイワードがデザインしたものです。

1448970331394.jpg


試練続きの私たちが朝レンタカーを借り、早速、車でスマホを充電しつつここにたどりついたときには、もう昼時間近。太陽は天高く、36度の陽光が燦燦と降り注いでいました。

日陰を求めつつ邸宅への道を歩いていくと、カリック・ヒルはアデレードの市内が見晴らせる絶好の場所だということがよくわかる遠望が目の前に。

1448970333180.jpg


邸宅自体も立派です。マナーハウス風ですから、庭にもよく似合い、庭と邸宅と見晴が一体となった見応えのあるお庭でした。

1448970335125.jpg


邸宅のすぐ前の芝地には大きな木が木陰を作り、邸宅から見て右手奥にはおしゃれなボーダー花壇が作られています。色合わせも配置もセンス抜群!

1448970370475.jpg

薔薇は邸宅に向かうエントランスにも植えられていますが、このボーダー花壇の奥、カフェの前に、薔薇を中心とした整形薔薇園が広がります。

1448970385959.jpg


ここにはオーストラリアの誇る世界的にも名の聞こえた薔薇の育種家、アリスター・クラークの薔薇が30種以上も植えられています。


1448970387811.jpg
(Cicely Lascelles)

この日は薔薇の最盛期からは少々遅く、しかも36度の熱射のために残念ながら花も葉もぐったり加減。

1448970389661.jpg
(Lady Mann)

1448970393111.jpg


当然、朝から奮闘の私達もこの時点でぐったり、すぐにカフェに逃げ込んでしまいました。

1448970391384.jpg


カフェで一息つき、資料を読み始めると、エントランス、カフェの前の他に、テニスコートに3つ目の薔薇園があると書いてあるsign01

でもテニスコートってsign02

それらしいものは見当たりません。

仕方なく邸宅の受付で聞くと、大きな木の左手だよ、との返事。

1448970318465.jpg


う~ん、左手には長方形の芝庭があるだけなんだけどな。

あっそうかflairと、やっと気づきました。

1448970310347.jpg


長方形の芝って、ローンコートそのもの。確かにテニスコートsign03ただし昔は。。。

1448970319823.jpg

広さこそ確かにテニスコートの広さがありますが、今は整備はされてなく、もうとてもテニスコートとして使っているようには見えません。が、そんなことはともかく。

1448970321510.jpg


ここに、私の好むオールドローズが縁取りとして植えられていたのですsign01

モダンローズも遅目だったので、オールドローズはもう葉っぱしかないものばかりでしたが、それでも木によっては花盛りの品種も。

1448970323183.jpg


この邸宅の女主人も「熱烈な」薔薇好きだったそう。

1448970324420.jpg
(Francis E Lester)

1930年代といえば、私達が今オールドローズと呼ぶ薔薇も、普通にガーデンローズとして植えられていた頃です。この薔薇も当時からテニスコートに植えられて、テニスを愉しむ邸宅の若い主人たちを見守っていたことでしょう。

1448970394540.jpg


お昼すぎ、まだ日は高く、気温はますます上がります。

さすがにバテ気味になりながらも、車に逃げ込めば、有難いことにクーラーとそして、カメラ替わりのスマホを充電できます。

そんなしながら次に訪れたのは、ザ・シーダーズ。

1448970279438.jpg


The Cedars

Heysen Rd, Hahndorf SA

1448970286887.jpg


名前からカリック・ヒルのような邸宅を想像していたのですが、ここは全く正反対、隠れ家的な庭とコテージのある小さな可愛いお庭でした。

1448970288587.jpg


ここは、オーストラリアでも有名な風景画家、ハンス・ヘイセンのアトリエとコテージだった場所。

1448970290319.jpg

アトリエとして使われたスタディオは、画家の仕事場としてはオーストラリア初だったとしてナショナルトラストにもなっています。

1448970292344.jpg


(庭とアトリエ見学に、入場料5ドル。

1448970396193.jpg
ただし、私達が庭の後、スタディオ見学をしようとスタディオを訪れると鍵が開かず、受付の人も暑い中2度も往復して鍵を試してくれましたが、結局開かず、スタディオ見学はできませんでした。5ドルも返してくれたので、可愛いお庭だけ見られて、大満足の私でしたが。)

1448970293928.jpg


ハンス・ヘイセンは庭好きでもあったそうで、この庭も彼がレイアウトしたもの。

1448970295816.jpg


コテージと花々が牧歌的な雰囲気を醸し出して、そこここに小人や妖精が潜んでいそう。

1448970308599.jpg
ピーター・ラビットさえ現れそうなメルヘンの世界です。

1448970297595.jpg


ハンス・ヘイセンの娘、ノラ・ヘイセンも画家として活躍しましたが、父、娘とも、花好きで、オールドローズの名花、スーベニール・ド・ラ・マルメゾンは二人が何度も描いた薔薇だそうです。

それも、ありました!


1448970299635.jpg

(Souvenir de la Malmaison)

その他にもオールドローズばかり!スタディオ側の塀沿いはオールドローズの生垣。


1448970301393.jpg

我が家にもあるアルバ・マキシマも!

Dsc_1528_2

(Alba Maxima)

アルバ・セミプレナも!

Dsc_1523

(Alba Semi-plena)

Dsc_1527

(Mme Isaac Pereire)

この庭はまったく私好み。暑い暑いアデレードの午後、バテ気味だった私だというのに、例によってまた駆け回ります。

この日の写真はスマホのカメラで撮ったものです。

1448970303414.jpg


暑い上に、カメラ事情も悪くて、この庭の可愛らしさをいまひとつ皆様にお伝えできないかもしれませんが、どうぞ想像力でご覧くださいね。

1448970305120.jpg

1448970306682.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ