« 本格的トラブルに遭遇! | トップページ | 追記:コルドバ・パティオ祭りとは »

2015.05.29

バルセロナ最後の夜

5月19日 夜

バルセロナ最終日にトラブルに遭い、すっかり意気消沈していた私達でしたが、立ち直りも早い

最後の夜にこんなに暗くなっていては、せっかくの旅行が台無し!

と、スペインで気に入ったバルでの夕食に繰り出すことにしました。

我々のバルセロナのホテルは、画家ミロも滞在したという老舗ホテル「コロン」(Colon)。

S_0001

カテドラルの真ん前に位置し、ゴシック地区、ランブラス通りにも近い便利なロケーションです。

カテドラル前の広場には、アンティークの市が立ち、ずっと寄れずにいたのですが、最後くらい、と覗きに行きました。。。

S_0381

が、先刻のスリ未遂トラブルからまだ抜けきっておらず、身の回りが気になって、品物を吟味する気にもなれず。当然ですよね、こんな場所が一番危ないのですもの。

カテドラルの左手小路を入ると、王の広場と呼ばれる厳めしい石造りの建物で囲まれた一角があります。

S_0384

奥の階段は、コロンブスが新大陸発見を報告しようとイサベル女王に謁見するために上った階段だそう。

ハムレットとかマクベスとか、そのままでシェイクスピア劇の舞台になりそうな中世の雰囲気。意気消沈の今夜の我々には、ますます臨場感たっぷり。。。すぎ

S_0389

そんな場所はさっと後にし、にぎやかなレイアール広場をめざします。

S_0001_1

昨晩、フラメンコ鑑賞の帰り道、ここを通ったとき、深夜11時だというのに一軒だけお客が列を作るバルが気になっていたのです。

その名もLes Quinze Nits

後から調べたら、地元っ子にも人気のレストランだそう。

時間が6時ということもあって、まだ列ができていませんでした。

ラッキー

外の席でしたが、幸運にもストーブの隣で暖ったか。

(バルセロナに入ってから、気温が低く、しかも小雨がちの天気になっていました。薔薇園を見終わっていて良かった~。)

我々も、バルに慣れて、注文も手馴れてきました。最後の夜だからパエリアも?イカリングフライも?子ダコやキッシュは?

S_0401              (シーザーサラダ)

とペチャペチャやっていたら、お隣の一人旅の女性が「日本人なんですね」と。

彼女も日本人で、聞けば数日前にオランダに入ってベルギーから来たそうですが、寒くて寒くて、一気にバルセロナまで来てしまったとか。ヨーロッパは寒いそう。アンダルシアのあの暑さを思うと、信じられない話ですが。

S_0406               (イカフライ)

さらに、、、パエリアが食べたくて、最小でも2,3人用のしかなかったけど頼んだそうで、食べきれないので一緒に食べて欲しい、とのこと。

S_0407     (パエリア、彼女の注文ですが、写真もしっかり撮らせてもらいました。

それはもう願ってもない。我々のオーダーもご一緒しましょう~とシェアすることに。

S_0405                    (キッシュ)

私はもっぱら、さきほどのトラブルを伝え、この先、気を付けて下さいね!と念押し。

我々は最終日でまだ良かったけど、これから旅が始まるという彼女は、くれぐれも用心にこしたことありません。

S_0404                (子ダコ料理)

ふと、お~そうだ!と思い出したのは、我々が余分に買ってしまった回数券、タルヘタ・ディエス(Tarjeta-10)。前日からがんばって地下鉄、ケーブルカー、バスと7回以上は乗ったのですが、1時間15分以内なら乗り継ぎも可能だそうで、まだ3回ずつ、合わせて6回分の回数券が余っています。

明日はもう出発だから、とパエリアの御礼に()さしあげました。

なんたって、有効利用してもらえればこちらも嬉しい。

バルセロナの夜、サングリアのグラスは赤々と輝き、夫はバルセロナで覚えたカバ(シャンパン)。

S_0397

帰り道、小雨は本降りになっていました。

でも、お腹は満腹、気持ちは豊か。いろいろな出会いがあり、薔薇は最盛期、黄色に染まり始めのヒマワリ畑、花いっぱいの白いパティオ、最高の季節に旅することが出来ました。

スペイン、大満足の旅でした。

Ss_0001_2

kiho

|

« 本格的トラブルに遭遇! | トップページ | 追記:コルドバ・パティオ祭りとは »

2015.05スペイン旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルセロナ最後の夜:

« 本格的トラブルに遭遇! | トップページ | 追記:コルドバ・パティオ祭りとは »