« グリニッジ 星と薔薇とオリンピックと | トップページ | Shropshireのオープンガーデン »

2012.07.06

Shropshireの友人宅にて

2012.6.29-30 (追想「友人宅での3日間-その1.」)

David Austinの薔薇園を後にし、以前来たときも迷いがちだった緑深いヘッジに囲まれた細い道をくねくねと辿って、なんとか友人宅に着いたのは午後6時。

S0006

夏時間なのでまだまだ昼間の明るさです。

S0037

250年前の古いコテージに住んでいた友人は、今、完成間近の自作の家を敷地内に建てていて、一家はもう昨年の10月からは新居の方で寝起きして暮らしています。
(この6年間、自分たちで週末や夏休みを利用して作ってきた、全くの自作の家です。)

S0051

といっても、キッチンはまだ旧宅。シャワーも私達が来る直前に初めて完成。

S0025

なので、食事のたびに15mほど離れた旧宅からお料理もお皿もナイフ、フォークもゆっさゆっさと運んできます。
横切る芝生の庭にはニワトリが4羽、勝手きままに歩き回り、飼っているネコも自由奔放に出たり入ったり。
なかなかカントリー生活満喫のワイルドな生活ぶり。

S0020

生活ぶりはカントリー風ですが、新居は正反対の最新式北欧風です。

南面はすべて大きなガラス窓の平屋のモダンな造り。

S0075

さらにすごいのは、なるべくエネルギーを消費しないよう、自前でまかなえるエコ・ハウスに設計されていることです。
屋根に取り付けたソーラーパネルのお湯はシャワーをまかなえ、断熱のきいた部屋は冬場、南の窓から入る日光だけでほとんど暖房はいりません。補助暖房としては薪ストーブがあり、その熱を蓄熱するコンクリートの壁で囲まれて、それがまたおしゃれな木目のついた黒いコンクリート。
設計したR氏の美学が随所にうかがえるこだわりの家です。

S0078

この友人夫妻とは札幌でキャンプにスキーにバードウォッチングにとおつきあいし、その後イギリスと日本と離れても折々には何度もあっている仲。
日本にいるとき赤ちゃんだった娘さん二人がもう大学生と高校生。
その友達も入れ替わり立ち替わり訪れて、人間も動物も出たり入ったりの大騒ぎの生活です。

S0062

夕食の人数もその都度かわるのに、旧宅のキッチンから運んできて、また洗うために運んでいきます。
慣れているんでしょうけど、雨が降ったり、冬場は凍ったりもしたでしょうに、えらいなあ~。

新居のキッチンは、あと水道栓を取り付けるだけ。
そしたら冷蔵庫を運び入れ、こちらでとうとう炊事もできるようになるでしょう。
夫婦二人で、床を張り、壁土を塗ってここまできた、6年がかりのプロジェクトもようやく完成の日が近づいてきました。

気の置けないおつきあいなので、私達も旅の疲れをここでゆっくり休めようとの3日間。
楽しく、にぎやかに時間が過ぎていきます。

P.S.
ただし、田園地帯のそのまた奥の一軒家なので、ネットがうまくつながりません。
メールもなかなかとれず、ブログはすっかりご無沙汰してしまいました。

追記:

友人宅では毎日毎日、おいしい手料理をいただきました。

1日目は奥様Eちゃんの手料理「キノコのリゾット」「やさいサラダ」
長女Eちゃんのデザート、飾り付けも凝った「ティラミス」

S0063

2日目はご主人の手料理、「クスクス」と「スリランカ・カレー」

S0045

3日目はまた長女Eちゃん、昼間からお料理の本を見て献立を考えてくれていました。
そして力作「インド風ココナツ入りラム・カレー」と「シナモンスティック風味のライス」

S0053

S0043

旅行中の疲れた胃と体に、なんとも染み渡るようなおいしいお料理の数々。

どれもカフェ・レストランで出てきそうな出来映えと味です。
新居のキッチンが完成したら、ますますお料理の腕もあがることでしょう~。
気の遠くなるような家造りの数年間でしたが、あと少し、あと少しで快適な新居となりますね!

S0049

またいつか訪れるのが楽しみです!

|

« グリニッジ 星と薔薇とオリンピックと | トップページ | Shropshireのオープンガーデン »

2012イギリス・アイルランド旅行記」カテゴリの記事

コメント

今回も盛りだくさんの内容だった、kihoさんの旅shoe
無事に終えられたんですね~shine
ちょっと寂し気持ちweepもありますが、嬉しく思いますnote

あたしといえば、たった1つのコトに何日も翻弄されてtyphoon
ご機嫌の麗しくない日々が続いていますdown
たかがビザ、されどビザです・・・sweat01

旅行記の続きも期待していますheart04

それから、旦那様によろしくお伝えくださいgood
コメントありがとうございましたhappy02

投稿: みゅう | 2012.07.06 18:28

みゅうさま、

おかげさまで、昨夜遅く、無事帰国しました。
盛りだくさんのつもりはなかったのですが、イギリスは名庭園が多くて多くて。
レンタカーだったことも、一日に何カ所も回ってしまった理由のようです。
のんびりアジアがなつかしい~。
(でもなかったですね。。。)

みゅうさんのビザ、厳しいですね~、某国!
夫ともどこの国だろうと推測していましたが、
はずれました。。。
某国、そうなんですか、名薔薇園がないことを祈ります。行きたくならないように。(でもあの辺、薔薇発祥の地なんですよね。)
無事ビザがおりますように。rock

投稿: kiho | 2012.07.07 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515481/55134140

この記事へのトラックバック一覧です: Shropshireの友人宅にて:

« グリニッジ 星と薔薇とオリンピックと | トップページ | Shropshireのオープンガーデン »