« Shropshireのオープンガーデン | トップページ | 帰国後の庭と私 »

2012.07.10

シュードリー城、遺跡と薔薇と

2012.7.2 (追想)

旅行の最後の日々は花のロンドンに滞在して、ロンドン周辺の庭やできればミュージカルなども見てしまおうとの予定。
友人宅から一路ロンドンをめざし、今日の夕方にはヒースロー空港にレンタカーも返却します。
その途中のコッツウォルズに、薔薇の庭があると聞いてやってきました。

シュードリー城
Sudeley Castle
www.sudeleycastle.co.uk

S0023

ここはヘンリー8世の最後の妻、キャサリン・パーの居城だった由緒正しいお城。
さらに。。。

S0021

特徴的だったのは敷地に残る遺跡も、庭の景観に美しくとけ込んでいたこと。
チューダー朝の後、200年以上も放棄されていたために荒廃したそうですが、今はそれがこの庭を特徴づける重厚感を出しています。

S0041

薔薇園の薔薇はこのところの雨続きで傷みがちでしたが、オールドローズ中心の美しい薔薇園。

S0050

S0053

さらにチャペルの傍らにはホワイト・ガーデン。

S0077

教養が高かったと言われるキャサリン・パーを象った刈り込み。

S0091_2

ヘンリー8世の良き話相手となり、エリザベス1世の継母として教育もさずけ、エリザベスにも慕われたそう。
この旅、エリザベス一家に縁が深い旅です。(イギリスなんだから当然といえば当然なんでしょうけど。)

塀で囲まれたボーダー花壇のセンスもよく、小雨がちでしたが、訪れた甲斐がありました。

S0098

この周辺はコッツウォルズの中心地。
以前、友人一家に、ヒドコートマナーとキフツゲートを案内してもらいました。
ハチミツ色の家並みが軽快で、かわいくて明るい町並みです。

S0162

あちらにもこちらにも目移りして寄りたいところだらけですが、誘惑を振り切って。。。
さあ、ロンドン入りです。

(旅行記の7月3日「Queen Mary's Garden そしてミュージカル」に続きます。。。)

|

« Shropshireのオープンガーデン | トップページ | 帰国後の庭と私 »

2012イギリス・アイルランド旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515481/55163992

この記事へのトラックバック一覧です: シュードリー城、遺跡と薔薇と:

« Shropshireのオープンガーデン | トップページ | 帰国後の庭と私 »