« シュロップシャー、期待と再会と | トップページ | David Austin薔薇園 贅沢な午後 »

2012.07.04

Coughton Court 薔薇のラビリンス

2012.6.29

Coughton Courtおすすめです!
と、6月の初めの国際ヘリテージローズ会議でご一緒させていただいた元木さんが教えてくださいました。元木さんは薔薇の講座をお持ちで、ガーデンツアーの企画もされています。

そんなおすすめの薔薇園を見なくては!
この薔薇の旅、薔薇の咲く時期には少々早すぎたところばかりで、なんとかイギリスの薔薇の最盛期を見たいものだと、友人宅へ行く途中の旅程に組み込みました。

その朝一番に訪れた庭園は。。

S0122

コートン・コート
Coughton Court

www.nationaltrust.org.uk/coughtoncourt

S0035 

まさに今が盛りの薔薇の競演、それもこの上なく見事な薔薇の庭園でした。
その名もRose Labyrinth。薔薇の迷宮。

S0055

その名の通り、薔薇の美の世界に誘われるまま先へ進むと、目の前に別の薔薇の小道が見えていてもたどり着けない、魔法の世界のような小道がぐるぐると続いています。

S0031

どの小道にもあふれんばかりのたわわな薔薇の花が揺れ、その回りには色合いのあった植栽がパステル画のようにちりばめられています。

ピンクの薔薇のまわりには、シルバーリーフ、淡いブルー。

S0049

黄色の薔薇のまわりには、黄色の葉物、黄色の小花。

S0064

S0068

赤薔薇は銅葉でひきたてられ、強調されて。

S0078

そんな別々のカラースキームの取り合わせが、この薔薇園の中で、さりげなく組み合わされて、迷宮へと誘われる不思議さ。

こんな薔薇園の作り方があったなんて。

S0039

壁に囲まれたウォールド・ガーデンの中に200種類もの薔薇がコンパニオン・プランツと共に植えられたこの驚きの薔薇園は、2006年、世界バラ会から優れた庭に与えられるGarden Excellence賞を受賞したイギリスで初めての庭。

S0098

全くそのとおり、すべてが頷けます。
しかも、北イングランドでは開花が始まった頃の薔薇ばかりだったのに較べて、この薔薇園は今がまっさかり。

S0145

やっとやっと、ちょうど見頃の最盛期の薔薇園に巡り会うことが出来、とっても幸せでした。

S0127

S0129

教えてくださった元木さま、本当にありがとうございました!

|

« シュロップシャー、期待と再会と | トップページ | David Austin薔薇園 贅沢な午後 »

2012イギリス・アイルランド旅行記」カテゴリの記事

コメント

ステキな場所ですね~
見事に咲き揃ったバラに、ご満悦されているkihoさんのお顔・・・
しっかり目に浮かびますヨ

あたしもティオマン島で自然美を大満喫してました
恐ろしくなる程、日焼けしてしましたが
得られた思い出に比べたら、どってコトありません

ご心配いただいて、ありがとうございました
暖かいメッセージに、本当に励まされました

投稿: みゅう | 2012.07.04 00:58

みゅうさま、

ビザが無事に降りて良かったですね~。
旅の疲れも少し気張らしが出来たようで、癒されたでしょう~。

おかげさまで私も最盛期の薔薇に出会えて、やっと薔薇の旅らしくなりました。

また元気なみゅうさんのブログ、楽しみにしていますね~。

投稿: kiho | 2012.07.04 08:13

素敵なお庭が花盛りでよかったですね。Labytinthなどと、呼ばれて、ますます気持ちが盛り上がってしまいます。去年、ここは、David Austin と、同じ日に訪ねました。バラをよく知っていらっしゃる方、お勧めのお庭なんですね。行っておいてよかった~!と、嬉しくなりました。

投稿: ck | 2012.07.04 13:00

ckさま、

やっとブログ再開できました。
この薔薇園の報告も早く載せたかったのですが、遅くなってしまいました。
ckさんも、昨年ご訪問だったんですね。
今回、時期も天気もぴったりでした。
旅行の終わりのご褒美という感じです。

投稿: kiho | 2012.07.04 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Coughton Court 薔薇のラビリンス:

« シュロップシャー、期待と再会と | トップページ | David Austin薔薇園 贅沢な午後 »