« 北アイルランドの世界遺産 | トップページ | チャッツワース スコットランド女王メアリを辿って »

2012.06.22

ベルファスト市国際バラ園

2012.6.21

サー・トーマス・アンド・レディ・ディクソン・パーク
Sir Thomas and Lady Dixon Park
Uper Malone, Belfast
Tel: 028 9091 8768

S0065

1991年、世界バラ会議が開かれたベルファスト。
私が見たかったのも、そのバラの街の名立たる薔薇園。
サー・トーマス・アンド・レディ・ディクソン・パークの中にあるベルファスト市国際バラ園は、規模も景色も実績も、さすがの風格を備えた薔薇園でした。

ただ惜しいことが2つ。

1つは雨だったこと。ただし小雨で、カンカン照りよりも薔薇の写真を撮るのはまだ良いんですが。
2つ目はまだ薔薇が咲き始めだったこと。

S0008

それは今回の旅で、どこでもつきまといそうです。
今日薔薇園で話しかけてきた犬の散歩中のおじさま。
「今年は4月と5月がとても寒くてね~」
ただでさえ寒い春だった上に、なんと、ベルファストの薔薇の見頃は7月だったようで、、この薔薇園で例年行われる世界的にも有名な薔薇の国際品評会が開催されるのは7月16日~22日とのこと。
私は今回、薔薇に先駆けて旅をしてしまっているようです。。。

S0047

と言いながら、そんなにもがっかりしていない私。
というのも、薔薇の最盛期には、たいがいどこの薔薇園でも終わっている原種系の薔薇が素晴らしく花盛りで、しかもこの薔薇園では、まるでシシングハーストのホワイトガーデンの中心にある白薔薇のドームのような小山のような白薔薇があちらにもこちらにも。

S0066

小雨に降られながら、ひときわ白さを増して、垂れ咲いていたのです。

これは幸せかも。。。S0020

広い芝生や木立の公園の中に、いくつもいくつも点在する円形の整形薔薇園。
その中心部に、いろいろな小型の白薔薇がこんもりと咲き誇っているこの造りも、見たことのないスケールと出来映えです。

S0110

今はまだ堅いつぼみ、というより、やっと芽吹いてきたという状態の薔薇が多く、やはりこれが花盛りだったら、、、と思わなくはないのですが、それでもこの状況では大満足。

S0070
雨の中、気持ちは華やかにうきうきと、薔薇園、そしてベルファストを後に旅立ちました。

S0106

さあ、今度はイギリスの旅、再開です。
やはり薔薇は早いかしら。それとも咲き始めてくれたかしら。
期待と心配と、これが薔薇旅行の醍醐味です???

(ベルファストから格安航空jet2.comでリーズに到着。シェフィールドのホテルにチェックインしました。)

S0129

|

« 北アイルランドの世界遺産 | トップページ | チャッツワース スコットランド女王メアリを辿って »

2012イギリス・アイルランド旅行記」カテゴリの記事

コメント

Kiho様
バラ初心者ですが、今年の1月までシェフィールドに住んでいました。その名が出て、懐かしくて、思わず初コメントさせていただきました。バラの名園は、南部に多く、北部はつまらない・・と、嘆いていたのですが、これから、どちらにいらっしゃるのか楽しみにしています。

投稿: CK | 2012.06.22 16:02

念願のバラが、花開く前の訪問・・・dash
北アイルランドでは、残念でしたねsad
イギリスでは、満開のバラたちに出会えることをお祈りしまぁすshine

ステキな写真ばかりなので、更新がとっても楽しみですheart04

投稿: みゅう | 2012.06.22 22:25

CKさま、
コメントありがとうございます~。
シェフィールドにお住まいだったなんて、うらやましい!北にも南にもどこに行くにも便利そうで、昨日は一泊しました。

朝、つい迷って裏道を行くと、なんと偶然出くわしたのがSheffield Manor Lodge!
私はこんな遺跡に弱いんです。

これからの旅も良い情報があったら教えてくださいね~。

投稿: kiho | 2012.06.23 06:12

みゅうさま、

いつもコメントありがとうございます~。
イギリスは誘惑のガーデンが多くて、実はブログを書く時間がなかなかとれない位です。

そして、みゅうさん好みの遺跡もたくさん!
なにげにあちこちにあるんです!

今日秀逸だったハドンホールは、ロビンフッドの時代の塀がさりげにあって。。。

ぜひイギリスでも遺跡探しをしてくださいね~。

投稿: kiho | 2012.06.23 06:16

ようやく私のPCが復活しました。
今回も写真たっぷりの旅行記で、同行しているような錯覚をおぼえます・・・
さまざまな歴史を秘めたお城や庭が目前に展開する衝撃をいろいろと想像しています。さすがイギリス、あらゆることが風格に満ちているようですね・・・これからも楽しい旅をsign03

投稿: kz | 2012.06.23 15:45

kzさま、

PC復活、おめでとうございます!
kzさんのコメントいただけて、嬉しいです!

そうなんです。
ここイギリスは特に、歴史で習ったあのこと、本で読んだあのことがここで起こった、というような数々。

庭がきれいなだけではなく、そんな物語もついてきてワクワクしてしまいます。

今後も期待してくださいね~。

投稿: kiho | 2012.06.23 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515481/55023785

この記事へのトラックバック一覧です: ベルファスト市国際バラ園:

« 北アイルランドの世界遺産 | トップページ | チャッツワース スコットランド女王メアリを辿って »