« ピーター・ビールズ、心の原点 | トップページ | アイルランドの遺跡と庭と »

2012.06.18

アイリッシュ・ブレックファストで始まった朝

2012.6.17

アイルランドの一日が始まりました!

(泊まっているホテル。一泊一部屋70ユーロ)

S0098

まずは朝食。
メニューにはコンチネンタル・ブレックファストにするか、アイリッシュ・ブレックファストにするか書いてあります。

120617dubl

そうです、ここはアイルランドだから、イングリッシュ・ブレックファストではないんです!
9ユーロとちょっと高めですが、どんなものなのか今日はトライすることにしました。

「卵の焼き方は?」
お、これはイングリッシュ・ブレックファストと一緒。
夫はスクランブル、私はポーチド・エッグを注文。
「Full Irish Breakfast?」
あら、それはいったい???

メニューを見ると、イングリッシュ・ブレックファストに付くソーセージやベーコンの他に、さらにブラック・プディング、ホワイト・プディングなどが付いています。

120617dubl_2

なんでもブラックの方は豚の血を固めて作ったソーセージらしい。
夫はフルで。私は多そうなので、卵とプディング、焼きトマト、ビーンズを。(でもなぜかベーコンとソーセージも付いてきました。)

120617dubl_3

さらにメニューにはオートミールのおかゆ、ポリッジも。夫はそれもオーダー。
イングリッシュと同じく、オレンジジュース、シリアル、ヨーグルト、コーヒー、紅茶なども付くので、フル・アイリッシュ・ブレックファスト、すごいボリュームです!

お皿の上の直径5cmほどの輪切りがプディングですが、中には肉の他にオーツなども混じっています。黒も白もまずまずかな。塩気も薄く、私は普通のこちらのソーセージよりも好きかも。(こっちのベーコンやソーセージは塩気が強くて苦手。)

結構クセになりそうなのは、ポリッジ。オーツをミルクでおかゆにしたものですが、これがおいしい!味があって食べると止まりません。

120617dubl_4

でもこのボリューム、毎日食べるのはちょっときつい量です。今日だけのおごり。

さて、今日は市内観光。
ホテルからバスに乗り、さらに市内めぐりをするのに便利そうな良いものをみつけました。
新レンタル自転車システム、ダブリンバイクスです。

120617dubl_5

市内44カ所のステーションに、貸し出し自転車が置いてあり、すぐ脇にある機械でチケット(3日間チケットは2ユーロ)を購入すれば、30分利用は無料、1時間なら0.5ユーロと加算されていきます。

120617dubl_6

早速チケットを購入し、ダブリン自転車体験!

120617dubl_7

市内観光は今日だけなので、自転車も借りて効率的に回ろうという魂胆です。

120617dubl_8

アイルランド最古の大学トリニティ・カレッジのオールド・ライブラリーで「ケルズの書」を見学し、国立考古学・歴史博物館でタラのブローチを見学し、ダブリン必見アイテムを見学し終わって一安心。

120617dubl_9

私はクロテッドクリームとジャム付きスコーンにクリームたっぷりのカフェラテ、夫はサンドイッチでランチタイム。

120617dubl_11

午後自転車で出かけたのはダブリン城。

120617dubl_10

時間もせまっていたのに、ついふらふらと城内見学ツアーを申し込んでしまい、懇切丁寧な説明を小一時間聞くはめに。ツアーが終わったのが4:30。もう大あわてです。

何に慌てていたかいたか。。。というと。。。
実は夕方5時にレンタカーを借りる手配をしていて、しかも場所はそこから2kmも離れたヒューストン駅。貸し自転車で走る走る。自転車のステーションは1km手前にあるので、そこで返却し、あとは歩く歩く。
着いてみると、そこはカラッポの空き店舗。近くのホテルで聞くと、、、

「確かに前はあったんですが」

ですって!なんと、移転していたのです!それはないでしょう~。

しょんぼりと中心地に戻り、また別のホテルで聞いたそのレンタカー会社の中心地にあるオフィスに行くと。。。

もう閉まっていました。。。

(オフィス前の車。)

(今サッカーEURO2012で、イギリスもアイルランドも大騒ぎ!車にも家にも自国の旗をはためかせて、皆、ノリノリです。ケンブリッジ滞在の日は、試合当日。しかもイングランドがスウェーデンに3-2で勝って、夜中まで皆騒いでいました。)

120617dubl_12

(ドアミラーに付けるバーションも。)

120617dubl_13

いままで順調だった私達の旅。なぜかいつもレンタカーでひっかかります。(2008年も。)
明日、朝一番にオフィスに行って文句言おう!

と、ある意味強気でいたのですが、さきほどまで書類をにらんでいた夫。
「こんなところにオフィスが移転したと書いてある!」
いちおうレンタカーを申し込んだ時の書類の片隅に、ヒューストン駅の事務所は移転したと、小さく英文でサラっと書いてあったそうです。
そんな大事なこと、こんなくらいの大文字で書いて欲しいわ!

さんざん運動した一日。

夕食は実はこの旅、昨夜もその前も、なりゆきでずっとフィッシュ・アンド・チップスでした。(ホテルが郊外のため、付近のレストランが週末お休みで、選択の余地がありませんでした。ちょっと悲しかった。。。)さすがに変わったものを食べたくて、イタリアンで元気付け。
おいしいお店でした。
デザート付きで23ユーロ。

120617dubl_14

120617dubl_15

今日は食事に恵まれたから、終わりよければすべて良しね!

あレンタカー問題はまだ残る。明日無事に借りられるかな~。

|

« ピーター・ビールズ、心の原点 | トップページ | アイルランドの遺跡と庭と »

2012イギリス・アイルランド旅行記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイリッシュ・ブレックファストで始まった朝:

« ピーター・ビールズ、心の原点 | トップページ | アイルランドの遺跡と庭と »