« アイルランドの遺跡と庭と | トップページ | 北アイルランドの世界遺産 »

2012.06.20

ちょっと悲しい夕食事情

2012.6.19

聞いてくださいsign03

私達の旅、一見おいしく楽しく過ごしているように見えますが、実は悲しい夕食生活なんです。自分たちの都合で、というのもありますが、もろもろの理由が重なって、、。sweat02

1日目。ロンドン周辺のB&Bに到着したのが20:00で、札幌ーソウル間で一度、ソウルーロンドンの11時間の飛行で二度、機内食が出たためお腹いっぱい。夕食は無し!eye

2日目。ここはおいしく、ケンブリッジのパブで夫、フィッシュ・アンド・チップス。私、スモークサーモン。

ケンブリッジはB&Bも正解でした。居心地良く、立地も良かった。

Bridge Guest House 151 Hills Road, Cambridge

一泊1部屋朝食付き、72ユーロ

S0076

S0014

3日目。ダブリン郊外のホテルにチェックイン。周辺にはパブがたくさん。これは正解!と思ったのが大間違い。どこも夜は飲み物しか出さず、一軒のボーイさん気の毒そうに「今日は土曜日だから、週末はこの近くのレストランも皆休みなんだ」教えてくれたのは、フィッシュ・アンド・チップス、中華のデリ、ハンバーガーショップの3軒。この3択では仕方なく、フィッシュ・アンド・チップスのお店で夫はチキン、私はフィッシュ・アンド・チップス。味も質より量、というお店で食傷気味に。

Charleville Lodge Hotel  268 North Circular Road, Phibsborough,  Dublin

1泊1部屋朝食なし、70ユーロ

S0096

4日目。今日は日曜日。昨日の話では、ますますレストラン事情が厳しくなるだろうとダブリン中心の繁華街で探したのですが、やはり休みが多い。でもイタリアンのお店がにぎわっていて、そこにしました。この日は満足。

5日目。月曜日なので今日なら!とホテル近くをうろうろと。タイミングが良いのか悪すぎるのか、この日はサッカー EURO2012、アイルランドーイタリア戦。(残念ながら0-2で負け。サッカー好きなアイルランドの人達、さすがにみな冴えない表情。)

夕食を出すというパブをホテルで聞いて行ったのですが、どこのパブも人だらけ、テレビの音量もすさまじく、とても店内にいられません。パブはあきらめて、週末閉まっていたデリ方式のレストランへ。すると。。。9時近かったせいかもう片付け始めています。
「もう終わりだけど、食べるなら2分で準備するよ」
と半分気の毒がって、残ったデリを盛りつけてくれました。
「もう最後だから、チキンも2つ!」

S0169

と景気いいんだか悪いんだか、大皿には最後の食材がたっぷりごっそり。
う~ん、親切はありがたいけど食欲でないなあ~。

S0171

(ちなみにこの日、アウン・サン・スーチー女史がアムネスティ・インターナショナルの賞を受賞しダブリンを訪問したそうで、歌手のボノが「スーチー氏は、イタリア戦を戦うアイルランドの応援のために来てくれた」とジョークを。何十年もミャンマーで軟禁状態だったスーチー氏が、はるばるこのヨーロッパまで軟禁後初めて外遊し、同じダブリンの土を踏んでいることに私も感激でした。)

6日目。昨日。ベルファストのB&Bにチェックイン。また街中から離れているため、歩いてダウンタウンへ。今日はなんと!サッカーEUROイングランドーウクライナ戦。
ここは北アイルランド。つまりイギリス国内ですから、やっぱりイングランド戦を見ようとどのパブも人だらけ。市役所の芝生には公設ビューも設けられて、皆画面に見入っています。

6.5ユーロでステーキ夕食ドリンク付きというあるパブに入り、1階はテレビ音量がすさまじく、2階へ。ここはテレビの音量を消して、字幕文字方式。でもサッカー中継はやっている。
パブは基本的にはカウンターで注文して料金を支払ってから席につきます。
こんな日ですから、カウンターには延々の列。どの列も20人も並んでます。2階のカウンターはまだ数人程度だったので、並ぶこと30分。やっと順番が来ると「今日は混んでいるので、料理ができるのは10時頃ですよ」!!!絶句。。。

S0091

並ぶ前にその女店員さんに食事が出来るか聞いたのに、その時言って欲しかった。30分も並んでいたのに。。。

その向かいにチキンのお店があったので、そちらに。
実は毎日、お昼がチキン・サンドの日が多く、チキンも食傷気味。
なので夫、シーザーサラダのチキン添え。私、クスクスサラダのチキン添え。
サラダはおいしかったけど、9時過ぎにレタスをパリパリ食べる夕食って、やっぱり違う気がする。。。

S0096_2

そんなこんなの今朝、お腹空いた~。

ボリュームたっぷりのアイリッシュ・ブレックファストを食べたいなあ!

ベルファストへ向かう途中、アイルランド人の心の故郷、タラの丘を見学。

S0015

S0011

ニューグレンジは5500年前の遺跡。ツアー形式での見学のため、ビジターセンターでツアーを申し込みます。

S0057

このうずまき模様が古代アイルランド遺跡の特徴

S0058

ベルファストの宿はB&Bですが、なかなか快適。豪華。

Belfast Marine Guest House  30 Eglantine Avenue, Belfast

1泊1部屋79.5ユーロ

S0075

 

S0073

朝食が楽しみだわ!

ベルファスト シティー・ホール

S0089

|

« アイルランドの遺跡と庭と | トップページ | 北アイルランドの世界遺産 »

2012イギリス・アイルランド旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515481/55010397

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと悲しい夕食事情:

« アイルランドの遺跡と庭と | トップページ | 北アイルランドの世界遺産 »