« ローズ・ガーデンにバラ園はあった | トップページ | アユタヤに沈む日 »

2012.02.01

やっとバンコク観光

1月31日

バンコクに着いてもう4日目だというのに、かわるがわるダウンしてほとんど観光もせず、私達はホテルで寝てすごす日々でした。

夫が2日、私が2日。

おかげさまでバンコクでとったホテルはそれなりに快適で(友人との待ち合わせのために、見栄はって(?)ちょっと良いホテルだったから)、ゆっくり休養できました。

President Palace Hotel

Sscn0920

Sscn1163

でもこれでも二人で朝食付き1泊6,269円ですよ~。(見栄はる値段じゃありませんね。)

バスタブの他にシャワールーム、ネットもサクサク、NHKの衛星放送も日本を出発してから初めて見られました。
あまりに気に入ったので、滞在も延長~。
言ったら明日から日本の新聞も入れてくれるそう。早くに言えば良かった。でもウンウン言っててそれどころじゃなかったのでした。

さて、今日こそ観光です。
まだ本調子ではないので、とりあえず、近場。
で、バンコクに来たらこれでしょう~。

Sscn1210

ワット・プラケオ、別名エメラルド寺院

Sscn1200

Sscn1203

王室の寺院で、エメラルド色に光り輝くご本尊を安置しています。ご本尊の写真は禁止なので本堂だけですが。でも本堂も光り輝く、タイ風寺院。

光り輝くといえば、その向かいには黄金の仏塔、プラ・シー・ラタナー・チェーディー

Sscn1206

お気に入りはこんな方々。

境内を見守るヤック

Sscn1207

Sscn1204

エメラルド寺院を支えるのは嘴があり羽があるのでガルーダでしょうか。
蛇をひっぱってさらに本堂を支えています。

別の仏塔を支えるのもこんな方々。

Sscn1298

観光客がまねをしていました。

エメラルド寺院と同じ区画の奥には、現在はレセプション・ホールとしてのみ使われているチャックリー宮殿。ヨーロッパの宮殿のようですが、屋根を見ると確かにタイ様式。

Sscn1234

午後は歩いて500mほど南にあるワット・ポーへ。
ここで有名なのは巨大に光り輝く寝仏

柱がじゃましてなかなか全体像を拝めません。

Sscn1287

Sscn1286

足下からやっと全身が。

Sscn1285_2

おみ足も立派です。裏に書かれているのはバラモン教の真理だそう。

Sscn1283

寝仏の御後ろ頭は、南国の果物に似ています。実際シャカトウという果物があるそうですが。

Sscn1281

行き帰りはBTSサーパーン・タークシン駅からの水上交通、チャオプラヤー・エクスプレス・ボートを利用しました。

Sscn1269

Sscn1176

青い旗のボートは観光向けで150Bもするため、オレンジ色の旗の急行船で(13B)。

かつては東洋のベニスと言われたバンコクの面影を感じながら、川風に吹かれて、気持ちのいい往復でした。

Sscn1280

私達のホテルはBTSナーナー駅から歩いてすぐ。
BTSは、高架のスカイトレインで、渋滞の多いバンコクでは重宝な乗り物です。

Sscn1161

私達はホテルのもよりの駅がBTSだし、バンコクには数日滞在するので使えるだろうと、回数券に該当する30ディ・スマートパスの25回利用券を購入しています。

Sscn1305

ところが、、、

二人で4日もダウンしてしまったので、25回どころか、今のところまだ7回しか使っていません。

ダウンしたのは想定外だからしょうがないといえばしょうがないけど、もったいなかったあ~。

おもちゃのカエル、じゃなくて本物。ちゃんとエサをもらっていました。ワット・プラケオで。

Sscn1291

|

« ローズ・ガーデンにバラ園はあった | トップページ | アユタヤに沈む日 »

2012タイ・マレーシア旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっとバンコク観光:

« ローズ・ガーデンにバラ園はあった | トップページ | アユタヤに沈む日 »