« ミュンヘン・ウエストパーク薔薇園 | トップページ | ジュニアスウィート! »

2008.06.19

ヴィルヘルムスヘーエ、水辺の薔薇園

                          ヴィルヘルムスヘーエ薔薇園

6月17日カッセル

また心惹かれる薔薇園に出会ってしまいました。Img_0009
ドイツ中部カッセルのヴィルヘルムスヘーエ公園にある、オールドローズ薔薇園です。
Roseninsel
Park Wilhelmshohe, Weg 37, Kassel, Germany

Img_0031 

この240ヘクタールもの広大なヴィルヘルムスヘーエ公園自体が、水の芸術といわれる流れる滝と噴水で有名なのですが、そこの一角に(公園案内図でRoseninsel周辺が薔薇園です)、もともとこのヴィルヘルムスヘーエ城に植えられていて、ルドゥテとほぼ同時代のカッセルの画家ピンハスにより描かれたオールドローズを復活しようと、個人の努力により作られた薔薇園だそう。Img_0032

この一角の池や小川の水辺のあらゆるところにオールド系、原種系の薔薇が植えられ、これはもう薔薇園というよりも薔薇と水の奏でるシンフォニー。この日は真っ青な青空が広がる晴天で、その光の中、濃赤、ピンク、白のオールドローズの輝く花々が濃い緑と水のきらめきの中で踊っています。その姿がまた池にも映り、夢のような薔薇園。

Img_0040 

すっくりと立つモダンローズの整形薔薇園を想像すると、樹形が自由奔放に伸び放題、たがいに重なり合い近くの木にも這い登り、といったこんな造りは薔薇園とは思えないかもしれません。Img_0058


確かにホテルの人に聞いても全然知らない様子で、私たちも唯一オールドローズとつるばらのクラブの会報にあったRoseninselという言葉を頼りにやっとたどり着きました。その割には知る人ぞ知る薔薇園なんでしょう、一目で薔薇好きとわかるカメラを手にした人、香りを確かめる人、何か本と見比べながら見ている人が次々と訪れ、人を魅了するこの薔薇園の確かな存在も感じました。

そうなんです、本と見比べている方に、もしやとお聞きしたらやっぱりそう!

Img_0069


この薔薇園には立派に製本された植栽リストがあるのです!薔薇1本1本にはていねいに番号が付けられ、その植栽リストと見比べることで薔薇の品種名を知ることができます。薔薇園の横にある美術館ヴィルヘルムスヘーエ城の売店で9.50ユーロで買えます。その品種の多さ、その品種管理の徹底さ、個人の努力で始まったというこの薔薇園ですが、個人の意志と情熱こそが、こんな素晴らしい珠玉の薔薇園を生むことが出来るのでしょう。

小川のせせらぎとともに咲く薔薇。Img_0035


湖面にゆらゆらと姿を映す薔薇。
このカッセルのオールドローズ薔薇園は、水と薔薇の織りなす絵画のような、音楽の聞こえてくるような薔薇園でした。

丘から見たヴィルヘルムスヘーエ城(美術館)

Img_0005_2

湖面に姿を映すオールドローズ

Img_0008

私が本で初めて知ったオールドローズR. x dupontiiにも出会えました。

Img_0011

美術館地下のティールームでお茶。
トルテについているクリームがなんてたっぷり!カプチーノもたっぷり!
夫は相変わらず昼間っからビール!

Img_0002   

さあ、明日はいよいよ世界最大規模の薔薇園と言われる旧東ドイツのザンガーハウゼンです!

kihotulip

|

« ミュンヘン・ウエストパーク薔薇園 | トップページ | ジュニアスウィート! »

2008ヨーロッパ旅行記(5/29-6/27)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515481/41576254

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィルヘルムスヘーエ、水辺の薔薇園:

« ミュンヘン・ウエストパーク薔薇園 | トップページ | ジュニアスウィート! »