« ヨーロッパバスの旅 | トップページ | ノイシュバンシュタインに咲く花 »

2008.06.15

丘の上のヴィース教会

6月13日、14日はフュッセンに2泊。
夫がネットで予約した宿ですが、これがなかなか。
Hotel Kurcafe
Prinzregentenplatz
Tel:08362-930180
(ただし112ユーロと私たちにはちょっと豪華な値段でした。)

オーストリア皇妃エリザベート(愛称シシー)のシシートルテが有名な老舗カフェ。
その上がホテルで、ここの食事もおいしい。朝食も今までで一番豪華!
イングリッシュブレックファーストとは言いませんが、今回の旅で初めてスクランブルエッグや目玉焼きやベーコンがビュッフェに並んでいました。ハムやチーズも各種。デンハーグ、ブリュッセル、リヨン、パリと旅してきて、ドイツの朝食はとても良いです。他では卵料理どころか各種ハムなんて全然なし。チーズもあったりなかったり。ヨーグルトもカップに入ったメーカーものがあったりなかったり。ドイツでは果物も豊富。ヨーグルトもいろいろ。それに初めてキュウリ、トマト、ピーマンの野菜も!

さて、フュッセンに泊まったら今日はもう白鳥城ノイシュバンシュタインに出かけたと思った方も多かったのでは?それがですねー、ネット予約は前の日の午後4時まで、ということで昨夜は間に合いませんでした。ということもあり、今日は夫がぜひにと希望するヴィース教会へ。0056a
フュッセンからバスで25分ほど離れた丘陵地に立つ、ドイツロココ調の最高傑作と言われる教会だそうです。0020a
バスの行程途中にノイシュバンシュタイン城があるため、それまで混んでいた車内もヴィース教会へ向かうのは私たちのみに。夫はこういうのが好き。人がわさわさ行く観光地には行きたくない!と最近ごね始めました。ジヴェルニーで懲りたみたい。ノイシュバンシュタイン城にも行きたくない!と言ったほどです。(でも夫の母が行きたがったここには行かなくちゃ。>ね、夫)

丘の上のヴィース教会0044a

そのヴィース教会、思っていたほど閑散とした観光地ではなく、むしろ着いてみると人の絶え間がないほど。だから確かに見応えある教会でした。中に入ると、ステンドグラスの明かりのみの暗いゴシック教会とは違い、自然光が天井にたっぷりとあふれ、その光に照らされて軽やかに天使も舞い、マリア様もほほえむ明るいロココ調の天井絵が広がります。
装飾も華やかでいて落ち着いて、じっと静かに教会の長椅子に座ったまま、何時間でも居られそう。
No Photoとあるので残念ながら写真はありませんが、実際はそれを無視して写真を撮ってる人も何人かいました。(フラッシュまで!)

0045a お昼は駐車場のすぐ脇のガストホーフMoserで。ゴルバチョフ氏も来たようで写真が飾ってありました。ここで食いしんぼの夫は大喜び。白ソーセージMunchener Welswurstを食べられたから。0048a 私もアップルパイに似たApfelstrudelを食べられてごきげん。0051a_2

ホテルから見たフュッセンの街並み、右手がホーエン城

0060a

夕食はフュッセンの魚料理のお店で。
グリルフィッシュテラー(焼いたカレイ、サケ、タラ)のライス添え。
それとカレイのムニエル。0068a_3
どちらも大正解のおいしさでした。
美味しすぎて困ったなあ。

食事が終わって9時だというのに、夏時間でまだまだ明るいヨーロッパ。
フュッセンの司教のお城だったというホーエン城まで散歩しました。
だまし絵が有名なこのお城。
確かに壁の出窓、近づいても近づいても本物の出窓に見えました。

0069a

追記:
ドイツに入ってからコメントが付けられなくなりました。
たいていは時間の余裕がなくて付けられないのですが、余裕のある時にトライすると全然受け付けてくれないのです。
コメントをいただいている皆様、私もきゃはきゃは言いながら読んでます!

たくさんの励まし、どうもありがとう!
薔薇好きの皆様、薔薇園はミュンヘンまでお待ち下さい!
洗濯物の心配な皆様、夫も少しは洗い始めました!
宿が心配な皆様、今の時代はネットで予約に限る!と確信しました。サクサクとれます!
美味しい情報を楽しみにしてくださってる皆様、実はサイフが心配になってきました、、、。
札幌情報を下さる皆様、帰るまで札幌の薔薇は待っていてくれそうにないですね。こんなにこちらで見てるんだもの、仕方ないなあ。
ロッテンブロー様、Rさんと一緒に行った旅行、一緒に見たワールドカップ、とてもなつかしいです。このブログもきっと見て一緒に楽しんでくれていると思います。

kiho

|

« ヨーロッパバスの旅 | トップページ | ノイシュバンシュタインに咲く花 »

2008ヨーロッパ旅行記(5/29-6/27)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丘の上のヴィース教会:

« ヨーロッパバスの旅 | トップページ | ノイシュバンシュタインに咲く花 »