« ケルン再訪 | トップページ | ちょっと泣けるいい話 »

2008.06.24

旅のちょっと笑える話

6月23日 アムステルダムにて

もう旅もほとんど終わりに。書くネタも無くなってきたので、旅のこぼれ話を。

エレベータ閉じこめられ事件や、列車乗り間違え事件の他には特に大きなトラブルもなく、本当に今回は穏やかにつつがなくこの長い旅を続けることが出来ました。
(過去には「シアトル60年ぶりの大雪に遭遇旅行」なんてのがあって、夫と二人、その日の食事がハンバーガー1個ということがありました。それも夫が60cmの大雪の中、足にゲートル代わりにごみ袋を巻いて、唯一空いていた店で買ってきた。)

なのでトラブルではなく、ちょっと笑える話をいくつかご紹介します。

その1.
旅行前に自由旅行者のバイブル、「地球の歩き方」を買おうと検討。でも売っているのは07-08年版で、08-09年版は6月上旬に出るという。
フランス版はかろうじて間に合って、しかもユーレイルグローバルパスのおまけで新版が手に入りました。ラッキー!
でもドイツ版はやっぱり新版はなし。5月末に旧版を買うのはむなしすぎ。
ということでドイツは自力で歩こう!とこの時点では意欲的だった私たち。

ところがパリで宿の手配とインターネットに苦労して、最後は「地球の歩き方フランス版」のお世話になりっぱなし。(宿も日本語ネットカフェも。)
やっぱりドイツも「地球の歩き方」なしには生きていけないと、パリのど真ん中の日本書店を見つけるや、飛び込んでしまいました。
日本だと1800円で買える「地球の歩き方」。
パリのど真ん中で結局旧版を4000円で買いました、、、。とほほ。

でもドイツでも大活躍の「地球の歩き方」でした。まだまだ自立出来ないなあー。

その2.
薔薇園めぐりが今回の目的。
事前に調べられることは調べたつもりですが、住所だけ分かっていてもなかなかたどり着けないのが広大な公園の中にあるヨーロッパの薔薇園。公園の端と端では地下鉄3駅も離れていたりする。
(って薔薇園を見に行こうって人自体、だいたいマイナーなのよね、きっと。インフォーメーションで聞いても「?」なことが多い。)

夫がそのうち面白いことを始めました。
グーグルアース検索です!
住所をGoogle earthに打ち込んで夫、
「ここにある!」
それがですねー、打ち込んだだけではみつからないのです。
そこはたいがい一面緑の公園。
そこからが夫の編み出した「必殺薔薇園探し」。
「なにやら円形の、なにやらカラフルな地域」を上空偵察。
実際かなりの確率で当たります!
バーデンバーデンの2つの薔薇園はこの方法でみつけなければたどり着けなかったでしょう。

でも今朝アムステルダムの薔薇園探しをやったところ、拡大したら、単にカフェのパラソル群でした、、、。

kiho

|

« ケルン再訪 | トップページ | ちょっと泣けるいい話 »

2008ヨーロッパ旅行記(5/29-6/27)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅のちょっと笑える話:

« ケルン再訪 | トップページ | ちょっと泣けるいい話 »