« ドイツにて大苦戦中 | トップページ | テュービンゲン散策 »

2008.06.12

シュトゥットガルト3日目

各方面の皆様、ご心配をおかけしましたが、無事昨夜(6月10日)の宿はみつかりました。
(暖かい励ましの数々、どうもありがとうございました!お昼過ぎにみつかったので安心して、皆様から励ましをいただいている間、チュービンゲンで呑気に観光していました。)
(それからネットで行く先の予約をとるようになってパソコンがフル回転で、なかなかお返事コメントは書けませんが、楽しいコメント嬉しく拝見しています!)

みつかったホテルも劇的でした!
「280ユーロなら文句なくホテルがある」なんてインフォーメーションで冷たく言われて、暑い日差しの下シュトゥットガルトの駅前で途方に暮れた私たち。
よし最後の手段は電話作戦!
最後とは言わずに早くに電話すればいいのですが、異国で公衆電話って辛いものがあるのです。リヨンでも一度、列車に乗り遅れたことを迎えの人に連絡するのにフランスのテレフォンカードを買うから始めなくてはならず大わらわだったのですが、ここはドイツ。まずドイツのテレフォンカードを買って公衆電話を探して、、、その後母国語ではない者同志が電話回線だけで要件を伝える大変さ!

さて、前日訪ね歩いた一つのホテルで「ここもあたってみたら?」と3軒のリストをくれました。
その1つめは昨日もうダメだった。
2つめに電話「一杯です」あーまただめか。
3つめに電話。感じのいい女性の声で「大丈夫ですよ」夢かと思いました。
「インターネット可能、朝食付きで1泊45ユーロです」やっぱりこれは夢か。
しかも聞けば歩いて行けるところ。すぐに予約しました。
45ユーロだなんていったいどんなとこなんでしょう?

着いてびっくり!いままでで一番広い部屋。ベッドも3つ。椅子も3つ。シャワートイレは共同だけど目の前だし、部屋には水道も冷蔵庫も。空調はないけど扇風機まで!清潔だしネットもさくさく。
何より受け付けの女性が感じよく女神のような美人で、夫もその後るんるんと「ランドリーの場所を聞いてくる」(結局この近くにはなかったそう)。

さきほど朝食を食べましたが朝食も各種ハム、チーズ、野菜、ヨーグルト、etc.と豊富。
あまりに気に入ったので着いてすぐ翌日の予約も頼みましたが、もう一杯だそうです。この日はたまたま空いていたみたい。
またホテル探しに苦労したくないので、その真向かいのホテルに飛び込んだら130ユーロでネットも朝食も込みというので、今夜の宿はそこです。
いままでで一番高いけど、でも一昨夜と昨夜と安宿(でも良かった)でがんばったから少し奢ろうということで決着。
いままで一番安いホテルと高いホテルが、ここシュトゥットガルトで隣あってるってのもおかしい。

シュトゥットガルトでホテル事情に詳しくなった私たち。

女神美人のいるホテル、シュトゥットガルト駅から5分で便利な場所だし、皆様の参考までに書いておきますね。
Hotel Mack
Kriegerstr. 7  70191 Stuttgart
Tel:0711 292942
www.Hotel-Mack-Stuttgart.de

この向かいの今いるホテルも快適なので:

Hotel Pflieger

Kriegerstr. 11,  D-70191 Stuttgart, Tel: 0711 22 18 78

www.hotel-pflieger.de

追記:
夫がランドリーに駆け回っているのはもう履くパ○○がなくなってしまったため。
自分のことは自分で!と私は自分の分はシャワーのたびにこまめに洗っていますが、夫はまとめて洗うと横着(?)していたのです。
いまだにコインランドリーみつからず。知らないっと。

追記:
今ドイツは大変です!
サッカー、ユーロ2008が始まっているので。
家の窓にも車にも、街でも、各国の旗旗旗。もちろんドイツ国旗が一番多いけど。0039a_2

今トルコがスイスにロスタイムの劇的ゴールで逆転勝ちしたので、外はクラクションの嵐!

うるさいうるさい

0012a

kiho

|

« ドイツにて大苦戦中 | トップページ | テュービンゲン散策 »

2008ヨーロッパ旅行記(5/29-6/27)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、良いお宿が見つかり良かったですね。我が家のロサ・カニナがようやく咲いてきました。
コインランドリーの件で大笑い!我が夫は学生時代、裏返しにして2日のパ○○だそうな!思い出してしまいました。楽しい御旅行を!

投稿: マーサ | 2008.06.12 13:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトゥットガルト3日目:

« ドイツにて大苦戦中 | トップページ | テュービンゲン散策 »