2015.12.02

2015.11 オーストラリア薔薇の旅 タイトル一覧

2015.11オーストラリア薔薇の旅 タイトル 一覧

以下をクリックすると、タイトル記事をお読みいただけます。

[ 旅立ち ]

[ GOLD COAST ]

[ BRISBANE ]

[ MELBOURNE ]

[ PERTH, WESTERN AUSTRALIA ]

[ ADELAIDE ]

[ MELBOURNE ]

[ 帰宅 ]

1449022424793.jpg

1449022426780.jpg

(パース植物園のワイルドフラワー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.01

アデレード カリック・ヒルとシーダーズ

11月19日 追記

アデレードで行動開始した19日は、前夜スーツケースが行方不明になり、カメラやスマホの充電も出来ず、てんやわんやの一日。

おまけにアデレードは山火事の危険もあるというほどの気温36℃の真夏日。北国仕様の私達には試練満載の初日でした。

この日訪問した庭園の記事も書けていませんでしたので、ここに追記します。

まずは、カリック・ヒル、、。

1448970325820.jpg


Carrick Hill

46 Carrick Hill Dr, Springfield SA

1448970327667.jpg


もともとは富裕な若夫婦の結婚のプレゼントとして、花嫁の父からプレゼントされたカリック・ヒル。イギリスのマナーハウスをお手本として1939年に完成しました。

1448970329469.jpg


庭も、その花嫁である邸宅の女主人レディ・アーシュラ・ヘイワードがデザインしたものです。

1448970331394.jpg


試練続きの私たちが朝レンタカーを借り、早速、車でスマホを充電しつつここにたどりついたときには、もう昼時間近。太陽は天高く、36度の陽光が燦燦と降り注いでいました。

日陰を求めつつ邸宅への道を歩いていくと、カリック・ヒルはアデレードの市内が見晴らせる絶好の場所だということがよくわかる遠望が目の前に。

1448970333180.jpg


邸宅自体も立派です。マナーハウス風ですから、庭にもよく似合い、庭と邸宅と見晴が一体となった見応えのあるお庭でした。

1448970335125.jpg


邸宅のすぐ前の芝地には大きな木が木陰を作り、邸宅から見て右手奥にはおしゃれなボーダー花壇が作られています。色合わせも配置もセンス抜群!

1448970370475.jpg

薔薇は邸宅に向かうエントランスにも植えられていますが、このボーダー花壇の奥、カフェの前に、薔薇を中心とした整形薔薇園が広がります。

1448970385959.jpg


ここにはオーストラリアの誇る世界的にも名の聞こえた薔薇の育種家、アリスター・クラークの薔薇が30種以上も植えられています。


1448970387811.jpg
(Cicely Lascelles)

この日は薔薇の最盛期からは少々遅く、しかも36度の熱射のために残念ながら花も葉もぐったり加減。

1448970389661.jpg
(Lady Mann)

1448970393111.jpg


当然、朝から奮闘の私達もこの時点でぐったり、すぐにカフェに逃げ込んでしまいました。

1448970391384.jpg


カフェで一息つき、資料を読み始めると、エントランス、カフェの前の他に、テニスコートに3つ目の薔薇園があると書いてあるsign01

でもテニスコートってsign02

それらしいものは見当たりません。

仕方なく邸宅の受付で聞くと、大きな木の左手だよ、との返事。

1448970318465.jpg


う~ん、左手には長方形の芝庭があるだけなんだけどな。

あっそうかflairと、やっと気づきました。

1448970310347.jpg


長方形の芝って、ローンコートそのもの。確かにテニスコートsign03ただし昔は。。。

1448970319823.jpg

広さこそ確かにテニスコートの広さがありますが、今は整備はされてなく、もうとてもテニスコートとして使っているようには見えません。が、そんなことはともかく。

1448970321510.jpg


ここに、私の好むオールドローズが縁取りとして植えられていたのですsign01

モダンローズも遅目だったので、オールドローズはもう葉っぱしかないものばかりでしたが、それでも木によっては花盛りの品種も。

1448970323183.jpg


この邸宅の女主人も「熱烈な」薔薇好きだったそう。

1448970324420.jpg
(Francis E Lester)

1930年代といえば、私達が今オールドローズと呼ぶ薔薇も、普通にガーデンローズとして植えられていた頃です。この薔薇も当時からテニスコートに植えられて、テニスを愉しむ邸宅の若い主人たちを見守っていたことでしょう。

1448970394540.jpg


お昼すぎ、まだ日は高く、気温はますます上がります。

さすがにバテ気味になりながらも、車に逃げ込めば、有難いことにクーラーとそして、カメラ替わりのスマホを充電できます。

そんなしながら次に訪れたのは、ザ・シーダーズ。

1448970279438.jpg


The Cedars

Heysen Rd, Hahndorf SA

1448970286887.jpg


名前からカリック・ヒルのような邸宅を想像していたのですが、ここは全く正反対、隠れ家的な庭とコテージのある小さな可愛いお庭でした。

1448970288587.jpg


ここは、オーストラリアでも有名な風景画家、ハンス・ヘイセンのアトリエとコテージだった場所。

1448970290319.jpg

アトリエとして使われたスタディオは、画家の仕事場としてはオーストラリア初だったとしてナショナルトラストにもなっています。

1448970292344.jpg


(庭とアトリエ見学に、入場料5ドル。

1448970396193.jpg
ただし、私達が庭の後、スタディオ見学をしようとスタディオを訪れると鍵が開かず、受付の人も暑い中2度も往復して鍵を試してくれましたが、結局開かず、スタディオ見学はできませんでした。5ドルも返してくれたので、可愛いお庭だけ見られて、大満足の私でしたが。)

1448970293928.jpg


ハンス・ヘイセンは庭好きでもあったそうで、この庭も彼がレイアウトしたもの。

1448970295816.jpg


コテージと花々が牧歌的な雰囲気を醸し出して、そこここに小人や妖精が潜んでいそう。

1448970308599.jpg
ピーター・ラビットさえ現れそうなメルヘンの世界です。

1448970297595.jpg


ハンス・ヘイセンの娘、ノラ・ヘイセンも画家として活躍しましたが、父、娘とも、花好きで、オールドローズの名花、スーベニール・ド・ラ・マルメゾンは二人が何度も描いた薔薇だそうです。

それも、ありました!


1448970299635.jpg

(Souvenir de la Malmaison)

その他にもオールドローズばかり!スタディオ側の塀沿いはオールドローズの生垣。


1448970301393.jpg

我が家にもあるアルバ・マキシマも!

Dsc_1528_2

(Alba Maxima)

アルバ・セミプレナも!

Dsc_1523

(Alba Semi-plena)

Dsc_1527

(Mme Isaac Pereire)

この庭はまったく私好み。暑い暑いアデレードの午後、バテ気味だった私だというのに、例によってまた駆け回ります。

この日の写真はスマホのカメラで撮ったものです。

1448970303414.jpg


暑い上に、カメラ事情も悪くて、この庭の可愛らしさをいまひとつ皆様にお伝えできないかもしれませんが、どうぞ想像力でご覧くださいね。

1448970305120.jpg

1448970306682.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.27

無事帰宅 大雪のお出迎え

昨夜、無事帰宅しました。airplane

北海道の皆様が、まえもって事前に情報を下さっていました。mailto

なんとsign01北海道は、まだ11月だというのに、62年ぶりの大雪snowsign03

積雪40cmだそうsign03

1448630565097.jpg

恐る恐るの帰宅だったのですが、ご近所の方が御親切にも通路を開けて下さっていました。遊びの旅行だとご存じなんですが、なんて申し訳なくも有難いことでしょう~。

(今日早速ご近所に御礼に伺いました。コアラチョコを持参して。。。)

うむ~この雪では根雪になってしまうかしら。

1448630567474.jpg

10月末にがんばって、やれる限りの雪囲いはしていったのですが、最後の作業がまだ残っているのです。

屋根の雪の落ちる場所だから、このテーブルや椅子も片付けなくては!

1448630569567.jpg

この周辺の薔薇にも、ムシロ掛けをしなければ!

1448630571519.jpg

と、大雪の課題山積です。

そして、、、

旅行前に気がかりだった、盆栽はというと。。。

物置の中で、ひっそりと、水切れもせず、寒波にも耐えて、つやつや輝く色合いで。

1448630573497.jpg

とっても元気いっぱいでした。

1448630575601.jpg

トキワサンザシ、私の初盆栽。

なかなか根性ある、かわいい子です。

大雪と盆栽とにお出迎えを受けて、オーストラリアの常春の陽気から、一気に気持ちの切り替えもできました。

まだ11月だというのにこの雪では、今年の冬も長そう~。

1448630578093.jpg

また北国の生活が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.26

メルボルン 薔薇の旅の終わりに

11月25日

1448507700702.jpg

(朝アデレードのトレンス川を散策)

アデレードから再度メルボルン入りしました。

1448507697965.jpg

最初の予定ではケアンズから帰ることになっていたのですが、メルボルンに用事があり、飛行機も変更出来ることが分かって一日伸ばしてメルボルンから帰国することにしました。

1448507699451.jpg

(メルボルンの古いアーケード街 1892年に出来たThe Block Archade)

午前、用事を済ませ、午後はメルボルン市内観光をすることに。 前回来たときは、周辺地域ばかりを車で走り回り、市内は公園を訪れたくらいでした。

1448511668359.jpg

(このアーケードで列をなす人気のお菓子屋さんが!!)

1448511670342.jpg

だいたいこの旅行、(っていつもですが)観光らしい観光をほとんどしていない。

薔薇園巡りも終わり、やっと普通の旅人に!?

夫も、もともと、普通の観光旅行にはあまり興味がありません。薔薇園にはもっと興味がないかも!!

でも、あまり一般に知られていない薔薇園を特定して、そのルート探索をするのは好きそう!!だと見破った私。

(リストアップするのは私です♪大まかな住所までは一応調べて夫に手渡す!!)(えらそう!?)

ここ行きたいからお願い♪と手渡された薔薇園のルート作りをし、いかに最適な手段で効率よく回るかを担当してくれています。

目的地にみごとピタッとピンポイントでたどり着くと夫も満足そう♪

あとはマスクをしっかりして(これももうお馴染みの身支度、薔薇花粉症の夫には必携品です!!)気持ちの良さそうな木陰で涼んでいます。

ここからは私の担当!! って、わあわあキャアキャア走り回るだけですが…。 お互いに上手く分担して、この薔薇の旅は成り立っているのです。

1448511655103.jpg

と、最後までえらそうな私ですが、頑張ってもいるんですよ!!

レンタカーの運転はきっちり半分分担。 長い一本道だと退屈で、そのくせ制限速度110kmのオーストラリアですから、110kmで退屈な一本道を走るのって、結構しんどい。高速で眠けとの闘い!! お互い運転の押し付けあいです。

1448511656702.jpg

カーナビの存在も助かりました。そのカーナビをスマホにダウンロードして、使いこなしていた夫には本当に脱帽。

可笑しかったのは、パースで借りた車にはカーナビが内臓されていたのですが、それが男性の声。

今どきのカーナビは音声も選べます。 UKイングリッシュだの、中国語だの、言語も!! (オーストラリアには日本語の選択がなくて残念。マレーシアにはあったのにな。)

そのうち夫が「音声を変えていい?」 夫のいつものスマホカーナビは、イギリス英語の女性。女性の声に変えたかったみたいです。男って!!

この話をオーストラリアの友人夫にすると「当然女性の声がいい♪夫はいつも妻から命令されるのには慣れているからね」coldsweats01

男性の声でpleaseも付けずに、Turn to the right.  Go straight ahead. 曲がれ、進め、と言われ続けるのは、確かに嫌かもしれません。

でも友人妻とは意見が一致。 「私達女性はどっちでもいいよね~。」

男女のこんな感覚の違いが、可笑しかったです。

メルボルンの中心地はトラムがタダ。 空港からのシャトルバス(これは有料、SKYBUSと言います)が着くサザンクロス駅から、各ホテル行きのSKYBUSトランスポートを出しているのですが、これもタダ。おもてなしの精神です!!

この無料のトラムに乗って、オーストラリア最大の教会セントパトリックス大聖堂へ。

1448511658126.jpg

街中の教会セントポールズ大聖堂へも。

1448511659227.jpg

どちらも観光客でにぎわっていました 。 さらにトラムで海を見ようと新しい商業地ドックランズ。

1448511660299.jpg

1448511666727.jpg

メルボルンの街は、一回目11月の半ばに来た時よりもクリスマスの飾りがあちこちに増えていました♪

1448511662344.jpg

もうカウントダウン間近です。

1448511664076.jpg

1448511972377.jpg

1448511973725.jpg 1448511974672.jpg 1448511975904.jpg

最後の食事はメルボルン空港のアイリッシュパブで。

1448511672227.jpg

ちょっとトラブルもあったけど、そんなことを打ち消す、薔薇の最高の季節の旅でした!!

1448511673733.jpg

1448511675303.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.24

アデレード 最後に出会った珠玉の薔薇園

11月23日

アデレードも明日は出発の日。
荷物が行方不明になり、予定が狂っていままで行けずにいた心残りの薔薇園がいくつかあります。
素晴らしいと評判の薔薇園も♪今日こそ行かなくては!!

1448371399023.jpg


Urrbrae House
Waite Historic Precinct
The Twentieth Century and Heritage Rose Gardens

1448371387529.jpg


アデレード大学のWaiteキャンパス内に、Waite家の邸宅だったUrrbrae Houseという格式のある建物があります。

1448371391686.jpg

その南側一帯に広がるのが薔薇を中心に、ラベンダーなどこの地域の気候によく合った花々が植えられています。

1448371409813.jpg


薔薇は、ガーデンの名前にもなっているように、20世紀のモダンローズが邸宅の南の庭近くに。

1448371395275.jpg

芝生を挟んで少し離れた南の庭にはオールドローズの植栽花壇。

1448371383721.jpg

生垣にはなんとナニワイバラ。

つる薔薇が連なる通路を中心にして、西側の庭が特に素敵です!!

1448371380308.jpg

噴水は工事中でしたが、ラベンダーの縁取りの中はサンクン・ガーデン。

1448371375429.jpg

オーストラリア由来の薔薇に囲まれて、日時計のコーナー。

1448371370750.jpg

西側の庭の一番南の端には、大きな木陰があり、その周辺にはヘリテージ・ローズが数多く!!もう私には堪えられません。

1448371367127.jpg

イギリス風の館と宿根草と薔薇の庭、どこにカメラを向けても絵になります。

1448371413429.jpg


この庭が再建された時、邸宅の主がもともと植えた初期の頃の薔薇はほとんどが絶えていましたが、たった2つCecil Brunner、Madame Carriereだけが強い品種として残っていて、今も邸宅のすぐ近くに植えられています。

1448403592823.jpg


そんな話も胸を打ちます。


1448371417645.jpg


邸宅は今、改装中で半分足場が組まれていて残念。

1448371351137.jpg

邸宅内の見学もできませんでしたが、薔薇も花盛りの美しいガーデンに夢見心地の時間でした。

1448403595764.jpg


さらに、心残りのヘリテージ・ローズ植栽地がもうひとつ!!
それは実は墓地なんです!!


1448371318205.jpg
Mitcham Anglican Cemetery

1448371323568.jpg

世に鉄道マニアがいるなら、私のはさしづめ墓地マニア?!

別に本当に墓地に興味があるわけではないのですが、植民地時代の国々の墓地の当時植えられたオールドローズというのに、
とてもとても胸を打たれるのです。

1448371326945.jpg

故国ヨーロッパの地を遠く離れ、新天地で生活を営み、でも亡くなる時に故国を偲んでお墓には薔薇を植える、故国から持ってきた薔薇を…。

というのは想像しすぎかもしれませんが、あながちそうとも言えないエピソードが、「赤毛のアン」にも描写されています。
ご存じの方も多いはず!!

孤児のアンを引き取って、アンを心から慈しんで育ててくれた親代わりのマシュー。
マシューが亡くなった時、アンがこう語っていました。
「マシューのお墓に、スコッチローズを植えたの。マシューのお母さんがスコットランドから持ってきて、マシューが大事にしていた薔薇よ」こんな語りだったと思います。まさに、ヘリテージ・ローズの状況と一緒です!!

こんな話に弱い私は、ニュージーランドのウェリントンにも、訪ね訪ねて見に行ったほど。

1448371332169.jpg

このミッチャム・アングリカン墓地は、ここアデレードの初期の入植者のお墓。
1880年代に植えられた松や糸杉が今も残っています。

1448371336899.jpg

ヘリテージ・ローズグループは、敷地内に残る薔薇や他のヘリテージ・ローズを保存しようと、ここにの一角に保存する場所を作ったそうです 。

1448371341445.jpg


おそらくここがそうでしょうか。
オールドローズの花の時期には遅かったため、花はなく葉が繁るだけでしたが、薔薇だけの植栽地がありました。
もう実になっている薔薇も。

1448371346013.jpg

いくつもの古いお墓の傍らにこんもりと薔薇の株が寄り添って植えられていました。


1448371359035.jpg
(アデレード、ウィンディポイントから見た市街と海)

夕方、まだ余裕があったため、アデレード植物園内の薔薇園にも行ってみました。

すると!!

1448371314563.jpg


Adelaide Botanic Gardens
アデレード植物園

1448371287062.jpg

なんていうことでしょう~!

1448371310708.jpg

これが、花もまだ見ごろ、レイアウトも素晴らしく、植物園ですから、手入れも名札もしっかり管理されていて、実に素晴らしい~!

1448371290657.jpg

なにより!!

1448371294594.jpg

ヘリテージ・ローズがいっぱい!!

1448371302383.jpg

オーストラリアのヘリテージ、・ローズは主にティーローズが多いのですが、ティーローズの品種の多いこと!!

1448371298312.jpg

1989年完成の大温室も背景にアクセントを付けています。

1448371306564.jpg


薔薇の街、といわれるアデレード、真髄を見た思いのする一日でした。

1448371283217.jpg
(アデレード名物、ブタさんの彫刻)
アデレード最後の夜は、やっぱりオージービーフ!!
夫はステーキ。

1448371277274.jpg

私は骨付きリブの煮込み。

1448371280376.jpg

ボリュームたっぷり!!
オージー牛みたいに太りそう~!!

街はクリスマスの飾りが目立ち始めました。

1448368463049.jpg

日本ほど気が早くないのか、まだ私達が来た11月初めはそれほど飾られていませんでした。

1448371354620.jpg

いまでもまだまだ、これから、という感じです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.11.23

バロッサバレー 薔薇とワイン

11月22日

1448286709060.jpg

(バロッサバレーのブドウ畑)

日曜日です。

旅人にとって、日曜日というのは意外と不便な日。

銀行や公的機関だけではなく、街中にいると、お店もレストランもお休みのところが多いからです。

大都会だけではなく、片田舎でも同じ。

西オーストラリアの南部の町に滞在した時がちょうど日曜日で、町のレストランで開いているのは2軒だけでした。

選択肢の少ない中で結局中華レストランに飛び込んでしまったのですが。

ところがgood

今いるバロッサバレーの日曜日は、ちょっと違います!!快適note

観光地だからです。

1448286712079.jpg

ホテルも観光地だと、日曜日は特別ルール。

チェックアウトは日曜日に限り11時で良いよ!!と案内文に書いてあり、やった~sign03

昨日からの疲れがたまっていて(やっぱり緊張したみたいです)ゆっくりしたかったのです。

朝食も日曜日に限り10時まで良いよ!!とも書いてあります。

朝食に滑り込んだのは9:30でした。

1448286714371.jpg

(Barossa Weintal Hotel)

(昨日チェックインしたのが遅かったため、もう部屋はほぼ満室状態。

予約の時に希望していたツインベッドルームがなくなっていたので、ホテルがお詫びとしてコンチネンタルブレックファーストをサービスしてくれました!!ラッキーnote)

リゾートのホテルはさすが、日曜日はリゾート気分にさせてくれるんですねheart01

(と言っても、リゾートホテルではなくモーテルでしたけど。でもプールも付いて居心地の良いモーテルでした。)

モーテルをゆっくりと11時過ぎに出発し、向かった先は:car

Barossa Old Rose Repository

BarossaAngastonにあるヘリテージ・ローズの保管場所。

1448286717162.jpg

今回の私の旅の目的は、こんな場所を訪問すること。

Barossa1

オーストラリアに昔植えられ、その後新品種が出る度に人々の記憶から忘れられ、とうとう名前もわからなくなって道端に、墓地に、ひっそりと咲いているヘリテージ・ローズ。

1448286722907.jpg

その母株から殖やした種の保存場所として、この地域のヘリテージ・ローズ保存活動をしている人々が2003年にここを作り手入れをしています。

1448286720043.jpg

ただし、残念なことに時期が遅く、薔薇の花はほとんどの花が終わっていました。

1448286728006.jpg

名札もないため、品種もよくわからず仕舞い。規模も品種数も、思っていたよりは小さく少なめでした。

1448286725487.jpg

あっという間に見学出来たので、次をめざすことに。

Barossa Chateau

1448286731036.jpg

Lyndoch Hillというモーテルの敷地一帯が薔薇園になっており、3万株の薔薇が植えられているそう。

1448286733545.jpg

こちらは期待の薔薇園だったのですが、やはり時期が遅く、しかも敷地が広すぎて折角の薔薇も多い割には点在して植えられている印象でした。

1448286736426.jpg

それでもモダンローズはホテルのエントランスを彩って、訪れる人も印象が良いよう、一生懸命手入れされている様子でしたが、ホテル裏側に植えられたオールドローズは、もう忘れられて手も入っておらず、名札だけで枯れてしまったものも。枯れて台木がブッシュに育っているものも。

1448286738894.jpg

こちらが主たる目的だった私には、とっても残念でした。

1448286741850.jpg

バロッサはやはりワインの町。 薔薇よりも、訪れる人もワイン目あてなんでしょう~。

1448286744410.jpg

ワインよりも薔薇だった私達の方が、とっても珍しいはず!!

自分でも自覚しています…!sweat01

1448286746965.jpg

というのも!!paper

「バロッサに宿泊までして一日過ごしたのに、ワインを一滴も飲まなかったって~!?」 bar

その夜、アデレードに戻り、アデレードの友人夫妻とまた合流してこの事を話したら、こう言われました。

半分冗談で。bleah

1448286750192.jpg

なぜなら前回アデレードを訪れた時に、この友人夫妻にバロッサのワイナリーに案内してもらっているからです。

ワイナリー巡りをして、とっても楽しかったねとその夜の話も盛り上がりました。

1448286752698.jpg

1448286755292.jpg

(シーフードレストランでお食事)

薔薇は…。 う~ん、いまひとつだったかも。。。

バロッサはやはりワインかもしれません。

でも前夜宿泊先のホテルで、地元のスパークリングワインは飲みましたheart04

これもワインといえば、立派なワインsign03

1448286757793.jpg

1448286760374.jpg

(バーもレストランもついていて、なかなか快適なモーテルでした。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.22

リバーランドをめざして

11月21日

この旅行、レンタカーもフル活躍で走り回っていますが、今日もアデレードから東へ200km、Renmarkを目指します!!

1448199636669.jpg


目的はRenmarkにある、Ruston's Roses。
4000種5万株以上の薔薇が植えられているという、この薔薇園にも興味津々なのですが、なにより、元世界ばら会の会長もなさった薔薇園の持ち主、David Ruston氏にお会いすることになっているのです!!
パースのDi Durstonさんが、お会いする時間も午後2時にRuston氏のコテージで、とお約束を取りつけて下さいました♪

いつどこに着くかも決めていなかった(宿泊先でさえも!)のんきな西オーストラリアのドライブと違って、お約束のあるドライブは遅れないようしっかりしなくては!!

1448199633728.jpg
(B&B)

朝、鉄道宿舎のB&B、その名もRailway Stayを我々にしては超~早く9時に出発!!
このB&B、名前の通りすぐ脇に鉄道が通り、オーストラリアの聞きしに勝る長距離貨物列車の長い長い貨物が延々といつ終わるとも知れず通りすぎます。鉄道ファンには堪えられない体験!!

1448199621965.jpg

、 、、なのかもしれませんが、夜中にこれが三回も通ったことを想像してみてください!!

1448199624850.jpg

夜中じゅう、旅客機がごオオーと低空飛行で近づいてくる夢を見てちょっと寝不足気味でした。

レンマークに行く途中には、オーストラリアで最大といわれるマレー川、その川に最初にかかった橋といわれるマレー橋など、見所もあります。

1448199618666.jpg

お昼休みをしたLoxtonは、マレー川ナショナルパークにもなっている、リバーランドと呼ばれる景勝地。
この景色を見たくてつい寄り道♪

1448199611786.jpg

やっぱりなかなかの景色です。
しばし車を停めて見入りました。
でも、いけないいけない、先を急がなくては!!

1448199614978.jpg


とはいえ、頑張った甲斐あって13:20にはRuston's Rosesに到着しました。
時間もあるのでまずは薔薇園を見学させてもらうことに。

1448199600767.jpg

入場料8ドルが必要ですが、イベントにも貸し出しているようで、この日もある家族が盛大にお祝い事のお食事会を開いていました。

ガーデナーさんに氏のコテージの場所を確認すると連れていってくださることに。
車でも道路から行けるのですが、薔薇園から続く裏道を案内してくれます。

1448199604106.jpg


2時にはまだ時間があったのですが、その後しばらくお待ちしても残念ながらその時にはお会いできず、また薔薇園を見学し、結局お会いできたのは帰りがけでした。お昼寝なさっていたようです。
御高齢でいらっしゃるのに、お会いするという無理なお願いをして待つのにお疲れになったのでしょう~。申し訳ないことです。
でも訪問したことをとても喜んで下さって、お家の中にもお招きいただきました。

少しお話しし、記念に写真も撮らせていただき、ご体調も今日は良いとおっしゃっていらしたご様子では、やっぱりお疲れになられてはいけないとすぐにおいとまを。

1448199608465.jpg

コテージの前の道が水浸しなのをご覧になって「Oh, naughty boy! おや、困ったいたずらっ子だ!! 」と緩くなったホースの蛇口を閉めるご様子は茶目っ気たっぷり♪

御高齢のラストン氏のご様子を気遣う方々も多く、私も心配でしたが、お元気にお玄関前でポーズをとってくださるラストン氏のしゃきっとしたお姿はとってもお元気そう!!はるばるお会いしに来た甲斐がありました!!

1448234855377.jpg

ラストン氏の薔薇園もイベントの場にも使われるほど、きれいに手入れされ、今回の家族お食事会の集まりでも、退屈した子供たちの遊び場にもなっています。

1448199593076.jpg


それにしても広大!!

1448199597019.jpg

それにしても、なんて、薔薇の種類の多いこと!!

1448199641444.jpg

ラストン氏は、長く、発見されたヘリテージ・ローズを引きとって、ご自分の薔薇園で保存なさっていました。その品種が数多く今もこの薔薇園で育っているはず。

1448199645346.jpg

ヘリテージ・ローズのコーナーの名札を覗き込みながらそんなことを思い出しました。

ここにも!!
Aussie Sixerの薔薇を発見!!

1448199589004.jpg

Di Durstonさん初め、西オーストラリアのヘリテージ・ローズ保存活動の方々寄贈のベンチも!!

1448199585455.jpg

さて、実は私にはもうひとつ、ここでやらなければならない使命があったのです。
それは…!

ラストン氏の像をみつけ、日本の有志の方々が像が建てられる際寄贈したという記念のプラークの写真を撮ること!

やはり国際的に薔薇の分野で御活躍なさる、ある方からの御依頼です。大変お世話になっているその方のご希望をかなえること以上に、私も是非この場に来たのだから拝見したいと、とても興味がありました。

ガーデナー氏に聞くと、なんとそれはこの薔薇園ではなく、レンマークの町中にあるのだそう。確かにそうですよね。ご自分の薔薇園に置くのもおかしいかも。
教わった通り、レンマーク市内の川岸に添って歩くと、噴水の左手向こうだというのですが見えてきません。
通りすぎる人に「像があると聞いたのですがどこでしょう!?」と聞くと、像と言っただけなのに「Ruston氏の像ね、あそこよ!!」と!

1448199581394.jpg

これにはびっくりしました、ラストン氏は本当に地元の町でも十二分に名士でいらしたのです!!

その像!!

1448199578063.jpg

日本と違って全身像ではなく、半身像なんですね、それも公園にもとても似合っている。

1448199570376.jpg

そして、プラークは?

何人もの方が寄贈されたんでしょう~いくつも並びます。
夫と二人、分担して探していくと、ありました!!
Seven Rosarian friends in Japanと刻まれたプラークが!!

1448199574666.jpg

この公園もマレー川の流域に添って作られています。レンマークも含め、この辺一帯がリバーランドと呼ばれているのです。
川の少ないオーストラリアでは、余り見慣れない豊かな水を湛えた水面。
この街だけではなく、オーストラリア、いえ世界で活躍されるラストン氏は、本当にこの街の人々の誇りなのだと実感しました。

1448199566013.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.21

アデレード二日目 今日は涼やかに

11月20日

スーツケースも無事届き、やっと人並みの旅行者になった私達。
(化粧品も洗面道具もなくて過ごした二晩はやっぱりつらかったです。)

1448114528586.jpg
(ハーンドルフのホテル The Manna Of Hahndorf
お部屋もきれいで、スタッフも親切!!おすすめ♪)

朝一番に、この近郊に住む友人とホテルで待ち合わせ♪
昨夜遅く荷物がせめても届いたので、ちゃんと身だしなみも整えられて良かった~!

彼女の車でまず訪れたのは:

Gamble Garden

1448114396778.jpg

20世紀初めのこの家の持ち主 、ギャンブル家が造り上げたコテージガーデン。

1448114458813.jpg

本当に可愛らしい、こんな庭を持ちたいと思うようなお庭でした♪

1448114487827.jpg

パースでお会いしたDi Durstonさんのご本にも写真が載っていて、一目実物を見たいと訪れました。
薔薇の一番の見頃は終わっていましたが、コテージガーデンですから他の花々もたくさん!

1448114456122.jpg

色合わせもよく考えられていて、どのコーナーもロマンティックな絵になります♪

1448114453570.jpg

こんなお庭、大好き♪

ヘリテージ・ローズも!

1448114445582.jpg

裏庭には果樹園。

1448114448036.jpg

意外と広い敷地に、いろいろな木や花が趣向を凝らして植えられていました。

1448114450715.jpg


2つ目は、昨日は山火事の危険で閉鎖されていたマウント・ロフティ植物園に再挑戦!!
今度は大丈夫でした!!

今日は昨日とはうって代わって涼やかな気持ちの良い日。
木陰に入ると肌寒く陽のあたるところは暖かい、ガーデン巡りには理想的な日。

1448114440455.jpg

今日は大丈夫!!と友人が保証してくれた通り、人も行き交っています。昨日はひとけがなかったものなあ~さすが地元の人は山火事の危険をちゃんと察知して、かんかん照りの35度の日になんて、植物園には来ないんですね!!
友人は地元の人だから、一緒に来てもらって大助かりです!!

1448114443099.jpg


Mt. Lofty Botanic Garden

1448114435030.jpg


ここは当初の予定には入っていなかった所ですが、私がオーストラリアのガーデン巡りをすると知って、ヘリテージ・ローズに詳しいある方から教えていただいた植物園です。

1448114437689.jpg

ここもいいですよ!!の一言に弱い私。専門の方からそうお聞きしたら、来ないわけにはいきません!!
と、がぜん力が入って2度目の挑戦の今日。

本当でした!!

1448114427061.jpg

薔薇が小山です!!

1448114424173.jpg

名札もしっかり付き、品種毎に区画も分けられて、しかも!!薔薇も咲いている!!昨日の35度にもめげずに!!

1448114429908.jpg


こんな場所に来ると、他は顧みずに走り回る私に、夫は慣れたものですが、友人もしっかり慣れてくれました。

1448114432784.jpg


二人を置いてきぼりにして、私はしばし薔薇三昧!!

1448114421213.jpg


お昼は友人と3人で近くのランチ。
「本日のスープ」が大きなボールでタップリ!!

1448114415980.jpg

サツマイモのスープでした。
夫はフォカッチャ。

1448114418639.jpg


その後友人宅へ。

1448114405842.jpg

友人宅も2度目です。前回はなんと、夫の母も一緒でした、
いつもお世話になります。
すると、西オーストラリアで、夢中で道に車を停めて写真を撮ったボトルブラッシュ!!

1448114408388.jpg

ここでこんなに簡単に見られるなんて!!
薔薇も数種類♪

1448114410979.jpg

前回は夏のお正月だったのですが、今回は本当に涼やかな春。良い季節です。

夜、御主人も加わって近くでお食事♪

1448114400723.jpg

あっという間に夏時間の春も暮れて行きます。

宿泊は友人宅の近くのB&B。
元は駅の宿舎だったB&Bで、内装もクラシックです。

1448114413520.jpg

朝食も初めて、フル・イングリッシュ・ブレックファーストでした。

1448114403287.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アデレード スーツケースの行方